Ayataの

主にゲーム、たまにプログラミング

MENU

【APEX】シーズン14終了時の気になるランク分布を紹介!ストポが不人気すぎてダイヤが半減、、

11月2日にシーズン14スプリット2が終了し、新レジェンド「カタリスト」が登場する新シーズンが始まりました。今回はシーズン14終了時の最終的なランク分布を紹介します。

シーズン14のランク仕様

まずシーズン14のランク調整について紹介します。

シーズン14開始時には、全てのランクにおいてエントリーコストを+5、キルによるキルポイント獲得量減少を除去と盛りやすくなる調整がありました。

スプリット1からスプリット2でランク仕様に変更はありませんでした。

👇シーズン14開始時のランク調整

シーズン14のランク分布

続いてランク分布を見ていきます。

上の画像がシーズン14スプリット1終了時のランク分布、下の画像がスプリット2終了時のランク分布です。

ランク仕様に変更が無かったのでスプ1とスプ2でそこまで変化は無さそうと思っていましたが、ストポの不人気さを舐めてました

シーズン14スプリット1のランク分布

シーズン14スプリット2のランク分布 画像引用:https://apexlegendsstatus.com

まずブロンズ4を見ると11%から19%と大幅に増え、そもそもランクをプレイしていない人が多い事がわかります。

一番大きな変化をしたのはダイヤ4で、9.1%から4.7%約半分まで大幅に下がっています。

またマスターもかなり減り、スプ1では2.1%だったのが0.9%と1%を切っています。皆さんのモチベーションの低さが伺えます。

そのほかのブロンズ以外のランク帯では全体的に減っており、ブロンズに集まっている印象です。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回はシーズン14終了時のランク分布を紹介しました。

かなりはっきりストームポイントの不人気さがわかる結果となりました。(もちろん期間などその他の要因もあります)

シーズン15ではランク仕様の調整は無く新マップ「BROKEN MOON」でランクがスタートしました。新しい環境でどのようなランク分布になっていくのか、引き続きチェックしていきます。

おすすめ記事