Ayataの

主にゲーム、たまにプログラミング

MENU

【razerイヤホン】Hammerhead DUOとHammerhead PRO V2の違い

razerのhammerhead duoとhammerhead pro v2は、APEXやCODなどのおすすめゲーミングイヤホンとして高評価が多く付けられています。
以前、プロゲーマーやストリーマーに人気のヘッドセット3選を紹介したときに、少しこの2つのイヤホンの違いに触れました。
ayatalog.hatenablog.jp このように、同じメーカーの似た見た目、似た価格帯のイヤホンですが、スペックに違いが見られました。
今回は、レイザーのイヤホンであるハンマーヘッドシリーズ、hammerhead DUOとhammerhead PRO v2の違いについて、もう少し詳しく調べた結果をまとめていきます。

↓razer hammerhead DUO


↓razer hammerhead PRO v2


ドライバ

hammerhead DUOとhammerhead PRO v2一番大きな違いはドライバです。
Hammerhead DUOがダイナミック型およびバランスドアーマチュア(BA)型ドライバーの2つのドライバーで構成されているのに対し、Hammerhead PRO V2は10mmの特大ダイナミック型ドライバーが採用されています。

一般的に、ダイナミック型は広い音域をカバーでき、低音にも強いという特徴があります。BA型は、少し低音に弱いものの、中高音に優れています。またドライバの大きさは、大きいほどパワフルな音となり、低音がしっかり表現されます。

Hammerhead DUOは、ダイナミック型およびBA型の2つのドライバーが用いられていることで、低音から高音までバランスよく出力することができます。これに対しHammerhead PRO V2は、10mmの特大ダイナミック型ドライバーにより低音がしっかりと出力されます。
最近のゲーム(特にAPEX)では足音が高音よりになっていることが多いため、Hammerhead DUOの方が足音が聞きやすい印象を持ちました。

ケーブル

次にケーブルです。
2つとも有線のイヤホンですが、ケーブルの形状は大きく異なります。Hammerhead DUOは編組被覆ケーブル、Hammerhead PRO v2はフラットケーブルになっています。
DUOも編組被覆ケーブルであり絡まりにくくなっていますが、フラットケーブルであるPRO v2の方が絡まりにくくなっています。
持ち運びする場合には重要な項目ですが、固定で使用する場合にはそれほど気にならないと思います。
長さはDUOが1.2mで、PRO v2が1.3mとほとんど違いがありません。

コントローラ

ケーブルについているコントローラの機能には違いがありませんでした。
どちらのイヤホンも、コントローラで音量の調整、再生/停止、通話の応答/終了が可能です。
(ここで紹介しているのはHammerhead DuoとHammerhead Pro V2です。Hammerhead Duo Compatible with Nintendo SwitchやHammerhead Duo - consoleとは異なりますのでご注意ください)
両モデルともコントローラ部にマイクが搭載されています。

重さ

Hammerhead Duoが17グラム、Hammerhead Pro V2は19.6グラムとなっています。
Pro V2の方が3グラム程度重くなっていますが、ゲームプレイに影響がない程度だと思います。

価格

定価はHammerhead Duoが8880円、Hammerhead Pro V2は10990円となっています。
現在Amazonでは、Hammerhead Duoが7480円、Hammerhead Pro V2が6400円で販売されています。(2021年10/9 現在)
両モデルとも実売価格が1万円を切っており、かなりコスパのよいイヤホンとなっています。

Hammerhead Pro V2が安くなっている理由は、Pro V2の発売日が2016年5月31日と、かなり前のイヤホンであることだと考えられます。
Hammerhead Duoは2019年5月31日発売であり、比較的新しいです。

まとめ

最後に、今回調べた違いをまとめます。

f:id:Ayata:20211009161147p:plain
違いのまとめ
調べた結果としては、ダイナミックな音でゲームを楽しみたい方にはPRO V2を、中高音を聞き分けたい方にはDUOがおすすめできます。
個人的にはAPEXやFortniteなど、足音の周波数が比較的高いゲームをすることが多いのでhammerhead DUO派です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。イヤホン選びの参考になれば嬉しいです。